徒然に読書の記録をする。

過去から現在の読書の記録。

群青色のカンバス / 赤川次郎

ふたたび、このシリーズである。やはり、日本のユーモア・ミステリは彼の作品が一番なのだろうか?…というか、あまりユーモア・ミステリの作品がないというのが正直なところか。さて、今回の作品は前回の事件から1年後である。しかし、いまどきこんな女の子いるのかなぁ、と思いつつ、あっという間に読み終えてしまった。赤川作品がすぐ読めてしまう理由にセリフの多さがあるだろう。しかし、余計な説明よりも、読者が想像しやすい。さて、次の作品も楽しみだ。

 

群青色のカンバス (光文社文庫)

群青色のカンバス (光文社文庫)